傷病手当金をもらうための条件・もらえる期間、退職後も継続して受給する為のポイントを社会保険労務士がわかりやすく解説しました。

病気が再発した場合の傷病手当金

[heart]病気が再発した場合の傷病手当金

傷病手当金の受給開始日から1年6ヶ月以内に再発した場合で

在職中に傷病手当金を受給しながら退職するケース

  • このケースでは、待期期間無しで傷病再発により「労務不能」となった初日から傷病手当金を申請できます。
    • 「待期期間」は、原則として、同じ傷病については1回クリアーすればOKです。2回目の待期期間は不要です。
      「傷病手当金受給⇒通常勤務⇒傷病手当金受給⇒退職」のケース

1年以上通常勤務した後、「うつ病」が再発のケース

  • 以下のケースでは、「社会的治癒」が認められれば、前回の「うつ病」とは別個の病気としての「うつ病」で、新規に傷病手当金が受給できます。
    • 最初に傷病手当金を受給した日から1年6ヶ月以上経過している。
    • 途中に1年以上の期間、通常勤務をしている。
      1年以上通常勤務の後に再発のケース

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional